パラオ旅行 7 お土産

JUGEMテーマ:旅行

7回にわたってお届けした パラオ旅行いかがでしたでしょうか!?

ここには登場しませんでしたが、姪っ子ゴンちゃんも一緒に行ってました。

まぁ〜 両親にくっついた 大きなおまけであります。

おまけのゴンちゃんは、かなりのはしゃぎっぷりでしたよ

海って やっぱりテンションあがりますよね。


これから パラオ旅行に行かれるみなさまへ・・・

直行便が便利ですが 乗り継ぐなら 韓国がおススメです。

ほとんどが グアム経由ですが アシアナ航空なら韓国です。

なぜって・・・

買い物が いっぱい出来るからでぇ〜す。

もちろん 日本円でもカードでもOKです!!

そして・・・

水着は 必須!!

・・・ 現地でも調達は出来ますよ

そして・・・

ほぼすべて 現地はオプショナルツアーでの行動です。

現地のオプショナルツアー会社によって オプショナルツアーも

似てるようで違います。

込んでる時期でなければ 現地申込みの方が安いです

そして・・・  

現地ならいろいろ時間に合わせて 組み合わせることが出来ます。

お得なプランも 現地ならありますよ。

お土産は・・・

ショッピングセンターで購入出来ます。

自然の物が多いです。

貝のネックレスとか・・・  自然石鹸とか 化粧水とか・・・

でも〜

わたしの一押しは ・・・

現地で一番人気の OISHI(おいしい)というメーカーのお菓子です

2012011201220002.jpg

こ〜んなに いっぱい買ってきました!!



カラフルでしょ〜

なかなか 美味しいんです!!

え〜 100個ほど買ってきましたぁ〜

パラオのお菓子売り場は、OISHIが独占してますよ〜


パラオは、信号のない のんびりした国です。

道で車道を渡ろうと待ってると 自然と車が止まってくれます

そして ニコニコしながら 渡っていいよ〜 と 手で合図してくれます

そして・・・   車からみんなが手を振ってくれます。

こんなに離れたパラオで 日本をこよなく愛してくれる人がいて

日本を感じる物や場所がたくさんある パラオ 

リゾート旅行に おススメです
 

パラオ旅行 6 どらごん亭

JUGEMテーマ:旅行


いよいよパラオ旅行も 最終日のディナーへ〜

現地の方に聞いて どらごん亭に決めました。

フロントの方に電話を入れて頂いて 無料送迎を利用〜

お店は 日本料理 ・ パラオ料理 そして 沖縄料理のお店でした

せっかくなので パラオ料理をメインでおまかせすると・・・

まずは・・・



マングローブガ二 と お魚が・・・

カニは 焼きガニに〜  



お魚は、バナナの葉でくるんで 蒸し焼きに・・・



さっぱりしてて 美味しかったです

あと・・・

まぐろ と 白身魚 と しゃこ貝のお刺身・・・



お野菜のガーリック炒め



タロイモ〜



しゃこ貝のポン酢



牛すじの煮込み



サラダ〜



カリフォルニアロール



そして・・・

食べちゃいました

フルーツバットを・・・

そうです!!   こうもりです!!

フルーツだけを食べさせた こうもりです!!



え〜  フルーツバットのパイ包み焼き〜



これだと まだ なんだか わからない〜 ♪

う〜  いよいよ オ〜プン〜  



ドキドキ・・・

ジャ〜ン

出たぁ〜  



うぁ〜  おもわず びっくりして ピントがはずれるの巻〜

お〜  見えた〜  見えて来たぁ〜



うわぁ〜  黒い物体・・・

そのままやぁ〜

スープのお風呂から そ〜っと 出して・・・



あっ もちろん すべて わたしは 見・て・る・だ・け〜

え〜左に見えますのは〜  こうもりの〜 頭でございまぁ〜す

上を向いて〜 口を開けておりまぁ〜す



それでは お腹を開けまぁ〜す

お店の方は 私たちに 「 サービスねぇ〜 サービスねぇ〜 」

と 羽を広げて見せてくれたり〜



いろいろと説明をしてくれました

「 これ〜  心臓ねぇ〜  これ〜 肝臓ねぇ〜 」

なんて 言いながら パーツごとに並べてくれ・・・

「 皮は 食べられないよ〜 」 と教えてくれました。



こ〜なると なにかわからない・・・



味は・・・

鶏肉 と シーチキン の 間・・・

お〜い あんた食べたのねぇ〜

う〜

食べてしまった・・・

スープは 普通に美味しかったです。

デザートは・・・

普通に フルーツアイス・・・



手作りプリンが 美味しかったです。



え〜  これから パラオへ行く方へ〜

フルーツバットは、要予約です!!

・・・ と言うことは 

あんた 予約をしてまでも 食べたかったってことね

うぅ〜

あとは・・・

パラオ旅行のしめを〜


パラオ旅行 5 ガラスマオの滝

 
パラオ3日目は、ガラスマオの滝ツアーへ

途中・・・    日本人が作ったという橋を見学・・・

うん  立派です !!  さすが 日本の技術 !!



虹も見えました    ・・・ ラッキ〜



ず〜っと 車で走ること 1時間 ・・・車(RV)

滝のある バベルダオブ島に 到着です!!



私は歩いて滝まで行く トレッキングツアー を申し込みましたが

どうやら いろんな手段で滝まで行けるようでした。

たとえば・・・   このトロッコ・・・





ほんまに大丈夫??? って感じの トロッコでした

そして この方法も・・・



あ〜 あ あ〜  と 吊り下げられて 行く〜

ひぇ〜 

これも かなり 大丈夫 ??? って感じです

・・・ 歩きにして 良かったぁ〜

滝までは こんな所も歩きます



まさに 童心にかえる瞬間〜 (^O^)/ 

楽しかったです (*^_^*)



歩くこと 約40分・・・

いよいよ 到着〜

おもわず・・・  絶句 !!

圧巻です!!



絵みたいでしょ !!



かっこい〜 !!

滝の中にも入ってみました



マイナスイオン た〜っぷり〜

幸せ〜 ヾ(=^▽^=)ノ

25ドルの水着〜 大活躍です ぴかぴかぴかぴか



なぁ〜んか の〜んびり (*^^*)



こんな コーナーも・・・

ファンタジ〜

今日のお昼は 滝の横で簡単ランチ



滝から帰ってくると ヤシの実で乾杯〜



もちろん 飲んだあとは・・・

中身も食べまぁ〜す



チュルチュルしてて 美味しかったです。

植物園でしか見たことない 食中植物も、そのへんに咲いてて・・・



さすが 南国です!!

ちょっと ランチが足りなくて・・・

3時のおやつ〜



なかなか美味しかったです。

さぁ〜てと 残すは 晩御飯〜で、おしまぁ〜い


パラオ旅行 4 ジャングルバー

JUGEMテーマ:旅行


パラオの食事は・・・

地元で有名なお店に行こう〜 と ガイドさんに聞いて〜

ここに決めました!!

名前は ジャングルバー ぴかぴかぴかぴか



雰囲気のあるお店でした。

ティヌモ (シーフードのココナッツミルク煮) 13ドル  



ローカルシーフードサルピカオ (鉄板焼き〜) 13ドル



ジャングルライス (味付けごはんを、バナナの葉で包んで〜) 

9ドル



マグロのマリネ



なんだったっけ ??



シーフードパスタ



生春巻き〜



実は このお店に 世界最大の2枚貝と言われる 大シャコ貝を

食べに行ったのですが  売り切れ〜 でして・・・

「 え〜 その貝食べに来たのに〜 」

「 うっそ〜  なんで売り切れなぁ〜ん 」

「 え〜 めっちゃ 残念やぁ〜 」

・・・ と ギャ〜 ギャ〜 騒いでたら

隣のお部屋で食べてた カップルさんが

「 あの〜 良かったら〜 食べて下さい・・・汗汗 」

と 下さいました・・・

それが これ〜 イヒヒチョキ

 

なぁ〜んか 情けないですが・・・

両親は・・・

「 良かったなぁ〜 お母さん〜 言うてみるもんやなぁ〜 」

「 ほんまやわぁ〜 お父さん〜 え〜人やなぁ〜 」

満足そうに食べてました。

ほんと 下さった方 え〜人です      

ほんま お恥ずかしい事で・・・

でも ありがとうございました。

ほんま 珍道中〜

まだ あと 少し 続きます

もう少し お付き合いを〜


パラオ旅行 3 シュノーケリング

JUGEMテーマ:旅行

ジェリーフィッシュレイクのあとは・・・

無人島でのランチタイム〜


 
ドリンクは マンゴ〜ジュース

なんか パラオっぽいでしょ



いろんなツアーの いろんな国の方々が同じ時間に

ラ〜ンチ タ〜イム

この無人島は 満ち潮 引き潮によって砂浜が変わるんです

そ〜でぇ〜す

今 海だった場所が 道になるんです。



綺麗なんです・・・

・・・って言葉は、聞き飽きたぁ〜ってぐらい綺麗 !!

ほら〜  こ〜んなに (^O^)/



きゃぁ〜 すっぴん に 水着・・・

どうしましょう〜 

うわぁ〜  でしょ (*^^*)

何年ぶりの水着・・・ ???

昨日 ・・・

25ドルで買いました

日本円で 1925円 なり〜 ・・・

大丈夫かぁ〜

調子に 乗ってまぁ〜す・・・ の図



さらに〜  調子に乗ってる・・・  の図



だいたい〜

こ〜言う~のって〜

ハネムーンとかでぇ〜

撮るんちゃうん ・・・

あんた・・・

いつでも・・・

ひとりぼっち・・・ね

え〜ねん  

誰が 写真撮ったかって・・・

両親・・・

あんた〜  アホちゃう〜  って 言われながら・・・

ここで 何回 跳んだことか・・・

このあと・・・

またシュノーケリングゥ〜



バラサンゴ〜



あ〜 きれかったぁ〜

まぁ〜  この無人島に降り立つのに

両親は 足が濡れると言い・・・

現地の方に お姫様だっこしてもらってました・・・

パラオの方・・・

ほんと

すんません・・・汗汗

船で両親に・・・

「 泳がへんかったら 見てるだけやん それで 良かったん ?? 」

「 船に乗れたし〜 抱っこも してんもらったやん 」

「 えっ 感想・・・  それだけ ??? 」

「 なまこ 触った・・・ 無人島に降りた・・・ あと・・・船に乗った 」

「 なんなん それ〜 」

「 あっ そうやぁ〜 お母さん 船に乗る時 おぶってもらったでぇ〜 」

  なんじゃ〜  その 感想〜

  あと少し パラオが 続きまぁ〜す

パラオ旅行 2 ロックアイランドツアー


パラオ2日目は〜

ロックアイランドツア〜

パラオは、火山と珊瑚の隆起によって出来た島々

200以上の島々からなる国・・・

人口は、約2万人・・・

200のうちのほとんどは無人島なんですよ。

そんな たくさんある島々の総称が ロックアイランド

・・・ということで その島をめぐるツアーなんです。



朝から 港へ移動して・・・



船に乗って いざ 出航〜



超〜 綺麗な海と・・・

超〜 かわいらしい島々・・・



船は、 ゆれる〜  ゆれる〜



船は〜  めっちゃ 早い〜  

ゆれる〜  ゆれる〜

ヤッホ〜



目的地に そろそろ到着 〜



ちょっと 海が白っぽくなったでしょ





湾になった海底に沈殿する石灰質の泥の色で白いんです。

・・・ ということで 珊瑚の粉〜



ガイドさんが 海底にもぐって〜  潜って〜

白〜い 泥をすくって〜

塗ると〜



こんな 感じ・・・

化粧品にも使われているんですよ

お肌〜  ツルツル〜

・・・ と このままでは 次に行けないので〜

海に飛び込んで とりまぁ〜す

 



救命胴衣って・・・

すごく いい〜

プカプカ 浮くんだも〜ん



綺麗〜  綺麗〜 になったら〜

また 船に乗って 次のポイントへ〜





今度は ジェリーフィッシュレイクへ〜



島に着いたら 歩いて 中へ〜  中へ〜

そして 静かな湖が・・・

そ〜です  ここが クラゲのいる湖です



両親を 置いて〜   行って来まぁ〜す



水中写真〜  

いつでも 足を開いてる〜   わ・た・し

ジャ〜ン  タコクラゲ〜



クラゲは、太陽の光を求めて 湖の上の方へあがってきます。

タコクラゲ を 持ってみたぁ〜





プニュプニュ〜

毒は、ないんですって・・・

あ〜

まだまだ 続きまぁ〜す

また 明日〜

楽しいなぁ〜





パラオ旅行 1 ジャングルリバーボートクルーズ


17時発のアシアナ航空で まずは 韓国の仁川空港へ

約4時間の韓国滞在・・・

もちろん 晩御飯は 韓国料理〜

ほんと 満足です。

そして 23時10分 いざ パラオの空港 コロールへ



朝の4時にパラオに到着です

ホテルは 中心地にあるパレイシアホテル



THE リゾートって感じです。



部屋を出たところからの景色・・・

ガラスが汚れてたので ちょっと汚い・・・

朝ご飯は 和・洋・中でした。

お気に入りは・・・



レンゲで食べる カラフルなケロッグ〜

マジで 和洋中折衷〜

腹ごしらえを終えて〜  いざ〜 観光へ〜



おおお〜っと  ジャングルな感じ〜



車中からの景色も綺麗です。

まずは・・・

パラオの国会議事堂へ〜





裁判所もありました



なんか雰囲気あるでしょ〜

パルテノン神殿みたい・・・

見たことないけど〜 (笑)



そして・・・

両親希望のジャングルリバーボートクルーズへ〜

まぁ〜 簡単に言うと・・・

川下り〜



行って来まぁ〜す





マングローブいっぱいの川岸を見ながら 河口へ〜

途中 餌付けされたワニ登場〜



船を見つけて〜

近づいて来る〜  来る〜  来る〜  



お〜 本物〜   でかぁ〜い



来た〜  来た〜



パクッ 

ありゃ   餌まで 遠いし〜

あんた やるねぇ〜

ガイドさん ナ〜イス!!

ワニのお腹〜 見〜ちゃった



再度〜  チャレ〜ンジ

今度は、 パクッと行きました

いざ海へ〜



川って 海につながってるのねぇ〜 の瞬間

同じ道のりで 帰って来て〜

今日のお昼は 楽しい楽しいバイキンGU〜



現地の方の手作り料理〜



好きなだけとれました・・・



私のお皿〜

色あいより 肉〜 の図

モンキーバナナを お猿さんに・・・



紐で つながれてました

 



ちゃんと 皮をむいて食べてる〜

こうもりもいました。



フルーツが主食のフルーツこうもり〜

実は・・・

食べれるんです・・・

ん??

わたし・・・

食べたかって・・・

それは・・・  ???

鶏肉に似てた・・・

あんた 食べてるやん・・・



葉っぱで エンゼルフィッシュをみんなで作り〜

楽しいツアーは、夜ご飯へ〜

両親の希望で 海鮮しゃぶしゃぶを・・・

まわりは みんなバイキングだった・・・

うう〜   残さず食べなきゃ



まぐろが 美味しかった・・・

普通に日本と同じく お刺身で・・・

おとなりは マグロのマリネ風〜

いよいよ お鍋〜





親日国・・・

わかるアイテム 山盛り〜

白菜に〜  人参に〜  椎茸に〜  豆腐に〜  うどんに〜 ・・・

味付けは ポン酢 に 醤油 ・・・

普通に美味しいです



マングローブカニ投入〜

ほんと 美味しかったです

そして なによりも・・・

素晴らしい〜 サンセット ・・・



おしゃれでしょ〜



わたしからは〜  背中側の〜  景色〜  



両親は〜  雰囲気のあるテラスで〜  大満足〜



おおお〜っと 太陽が沈む〜



かっちょい〜  

な〜んか お金持ちな感じ〜



あっ 人が入っちゃった



あっ また同じ人が入っちゃった

両親に・・・

「 綺麗やったねぇ〜 」

「 そ〜やなぁ〜   モグモグ・・・ 」

「 モグモグ・・・  で いつ 太陽沈んだん ?? 」

「 えっ  ありえへんし〜 」

「 なに見てたん ! 」

「 カニ〜 」

「 なぁ〜 お母さぁ〜ん  モグモグ・・・ 」

さすが 私の両親〜   色気より 食い気とは まさに このこと・・・

しかし・・・

お金を払う私にとっては 寂しいものが〜

明日は・・・

両親希望の・・・

ミルキーウェイ → シュノーケリング へ〜

お父さん 潜れるのかぁ〜 ???

お母さんは 見学かぁ〜  ???


パラオ


気が付けば なぁ〜んにも 親孝行してなかった わたし・・・

父親が70歳になった年から 旅行を企画して7年・・・

国内旅行〜 台湾・済州島・ソウル・サイパンと行きました。

・・・で 今回は 頑張ってパラオに行って来ました。

決めた理由は 時差がないこと・・・

親日国ということ・・・

そして〜  乗り換えが ソウルの仁川空港ということ・・・

韓国好きの私にとって

4時間も韓国の空港で滞在出来るって最高です

・・・で パラオの情報を〜

と 調べたのですが 少ないこと 少ないこと・・・

まわりに行った事のある人が いない・・・

調べました。

ほんとに・・・

そして・・・

パラオで現地の方に いっぱい教えて頂きました。

それを 少しだけ・・・

パラオは 第一次世界大戦後より 日本の委任統治領になり 

たくさんの日本人が移住し

パラオがどんどん整備されていったのだそうです。

道路が整備され・・・   橋がかかり・・・ 

               学校が出来・・・   病院もでき・・・

戦争の時には パラオの現地住民を戦火に巻き込んではいけないと

戦争の中心となった ペリリュー島の島民をパラオ本島に避難させ

この時 1万人を超える死傷者が出たのですが 

島民は、1人も亡くならなかったそうです

そんなこともあり 1994年にパラオ共和国が誕生した際の国旗は

日の丸をもとに作られたんだそうです。

日の丸の白い部分は、太平洋の青い海を・・・

赤い部分は、太陽のかわりに満月を・・・

ちょうど中心に〇を書くのは 

日本に失礼と わざわざずらしたそうです。

・・・で 出来たのが この国旗

ファイル:Flag of Palau.svg

いわれを教えてもらって ものすごく感激しました。

日本・・・  すごい

パラオ・・・  すごい

ほ〜んと パラオに決めて良かったぁ〜 って 思いました。

ペリリュー島にある 慰霊碑には

「 諸国から訪れる旅人たちよ  

  この島を守るために 日本軍人が いかに勇敢な愛国心を持って 

  戦い玉砕したかを つたえられよ 」

これ 戦争にたずさわったアメリカの偉い方が詠まれた詩なんですって

なんか こ〜んなに日本から離れているところにある国なのに・・・

行ってみないと 訪ねてみないと 知らないことってあるんですね

ほんと 行ってよかったです。

さぁ〜て 明日からしばらくは パラオ珍道中を お届けしまぁ〜す

お楽しみに〜

1
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
書いた記事数:2672
最後に更新した日:2017/10/23

♪♪ お知らせ ♪♪

2014年2月25日発売



植草貞夫、酒井連子が掲載!
是非ご覧ください!

GOLF

WORK

WEDDING

GOLF RINK

RECENT COMMENT

LINKS

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM